格安simは本当に普段使いして大丈夫!?事前に知るべきデメリット7つと対処方法を徹底解説

格安simって聞くと、いろいろと情報が多すぎて、正直、ググったとところで、わけがわかんない。。

安くなるのはわかっているけど、格安シムに乗り換える方法がわからない。

正直、損をしているのはわかっているけど自分には無理だ。。

そのように思っている人は、はかなり多いと思います。

この記事では、そう言った方でも、専門用語なしでわかりやすく画像をたくさん使って解説していきますので、ぜひ最後まで読んでください!

この記事でわかること
  • 格安シム乗り換えるとどんなデメリット、メリットがあるのか
  • 乗り換える上で、注意すべき点はあるのか。
  • 格安simでいくら安くなるからと言って、每日使うスマホを本当にまかせられるのか?
  • au,docomo,softbankのまま または 格安シムに乗り換え!をはっきりさせよう!!
この記事を書いた人
ふじつか
ふじつか

もともと格安シムや、固定回線(Wi-Fi)などの営業代理店の元社員として働いておりました。皆様に正確な情報をお伝えできればと思っております!

間違った情報や古い情報、質問などありましたら、ツイッターのDM、またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

格安シム会社はたくさんあるから自分にぴったりなものを

格安シムって1つだけじゃないの?なども質問を受けたりするのですが、格安シム会社は今2020年8月現在格安SIM会社は50種類以上あり、今も増え続けてつづけています。

その中で、速度が落ちにくい格安シム会社があったり、YouTubeの見放題プランがある格安シムがあったりで、いろんな選択肢があります!

これから紹介する格安シムのデメリットは、全体に共通することではなく、あくまでも全体的にみて!ということです。

詳しくは、格安シム会社ごとに説明していますので、こんなデメリットがあるんだなというレベルで読み流してください!

格安シムに乗り換える時にここが不便かも?7つ紹介

格安シムに乗りかえることでやっぱりau,docomo,softbankに比べて、不便になってしまうことがありますので、全て紹介していきます。

デメリットとその対処方法を紹介していきます。

デメリットと言っても、困る人もいれば、気にしない人もいると思いますので、格安シムに乗り換える上で譲れない点をこれだ!と決めて、自分にぴったりの格安シム会社を決めましょう!

例えば、クレジットカードを持っていないので、口座振替ができる格安シムじゃないとダメ。。という方は、UQモバイルなどの口座振り替え可能な格安シム会社を選ぶようにしましょう!

デメリット1.大手キャリアよりも通信速度が不安定

格安シムは、au,docomo,softbankのいづれかの回線を借りて運営しているますので、みんながスマホをいじる混雑時は、

どうしても、au,docomo,softbankで契約している人が優先となり、格安シムを契約している人の通信速度が不安定になってしまうこともあります。

とくに、お昼の時間帯の12時から13時の間と、夕方の17時から18時ごろは、みんなが一斉にスマホを使いますので、通信速度は遅くなってしまう傾向があります。

じゃあやめよ!無理!と思うかもしれませんが意外とそうでもありません。

格安シム(※1)でも、ラインの返信、SNSの確認など、普通に使う部分では問題ありません。

※1今まで、mineo,UQmobile,biglobe,楽天モバイル,

ないです!!

使用している回線はauやdocomoの回線ですので、auやdocomo,softbankの電波が届くところであれば、その回線を使用している格安シムでも電波は届くようになっています。

デメリット2.大手キャリアよりもでんわ料金が高い

格安シムだからと言って、電話代も安くなると思っている方が多いですが、通話代金はau,docomo,softbankと比べて2倍ほど料金が変わってきます

 国内通話料
au(大手キャリア)10円/30秒(税抜)
UQモバイル(格安シム)20円/30秒(税抜)

しかも、多くの格安シム会社はかけ放題プランがなく、10分かけ放題オプションなどを月額1000円ほどで追加する場合が多いです。

仕事で、電話をたくさん使う!!という方安心してください!

完全かけ放題プランは、少し割高になってしまいますので、電話のオプションプランは、気をつけて検討してください。

オススメの格安シムを紹介するときに合わせて説明します。

要するに、格安シムだからと言って、通話料金が安いと思わないことです!

対処方法=電話をたくさんしても大丈夫な、通話オプションを付けれる格安シムを選ぶ

基本的にありません。

格安シムと言っても、使用している回線はauやdocomoの回線ですので、電話が繋がりにくいと言ったことはありません。

デメリット3.店舗が圧倒的に少ない

皆さんの家の周りには、auショップやドコモショップなどがあると思いますが、格安シムはそういう実店舗がめちゃくちゃ少なく、

あったとしても、ヤマダ電機などの家電量販店のなかの一部を使って受付を行っていたりするくらいです。

かもめちゃん
かもめちゃん

もし、なにかトラブルがあったらどうするの!!?

と思う方もいると思いますが、実店舗がないかわりに、コールセンターの対応が充実していたり、

チャットサービスなども充実しており、夜の10時くらいに質問を送ってもすぐに対応してくれたりします!
もちろんロボットではありません。

実店舗を出店せずにお店の維持費を節約するかわりに、月々のスマホ代を安くしてくれるのです!

ユーザーにとって優しい!!

対処方法=ネットまたは電話で問い合わせれば解決

ありだと思います!  が!

インターネットで申し込みをした方限定に、〇〇円のキャッシュバックなどのキャンペーンを行っていたりするので、基本的にネットでお申し込みした方がお得です!

デメリット4.キャリアメールが使えない

お子さんの幼稚園などで、親御さんに対して、連絡事項がある時にメールが使われることが多いですが、

そのときごく稀ですが、yahoomailや、gmailなどの無料で取得できるメールは使用できないというところもあるそうです。

auやドコモソフトバンクのメールはその場合問題ないのですが、格安シムではそうはいきません。

もし、キャリアメールがなくなると困る方は、格安シムにに乗り換える時に以下の3つの方法で対処できます。

キャリアメールが使えなくなると困る方【対処方法】
  1. 月額200円で 〇〇@uqmobile.jpのメールアドレスが取得できる UQモバイルにする
    ↑一番おすすめ!
  2. メールアドレスを月額50円ほどで取得する
    ↑安いけど登録が少しめんどくさい。【難易度高め】
  3. 今のメールが使えなくなると困るのでau,docomo,softbankのメールだけ契約し続ける
    ↑メールだけ月額1500円くらいかかってきてしまいますのでおすすめしません。

あることはあります!

でも、メールの保存できる容量が合計で200MBまでと容量制限がある場合が多く、過去のメールが突然消えてしまう可能性がありますので、普段使いとして使用はおすすめしません。

一方UQモバイルは制限がなく、メール送信数は1日1,000件までなら毎日送れます!!

デメリット5.LINEのID検索が使えない

正確にいうと、格安シムですと、年齢認証が20歳を超えていてもできなくなってしまいます。

「ふるふる」機能や「QRコード」を使えば簡単に友だちを追加できますので、あまり不便はないと思いますが、

ラインのID検索ができないと困る方は、唯一ID検索ができるLINEモバイルがおすすめです。

しかし、パソコンを持っている方であれば、ID検索は可能です!

気になる方はこちら→の【格安simでも関係なし】LINEのID 検索で友達追加する方法! を参考にしてください!

対処方法=PC持ちはchromeの拡張機能 またはラインモバイル

調べ尽くしたところ、ありませんでした。

ラインペイや、LINE証券などの本人確認が必要なサービスを申し込んでみたところ、本人確認はできましたので、気にするところではないと思います。

デメリット6.最初の設定を自分で設定する必要

大手キャリアでは、スマホの設定を全てやってくれますが、格安シム会社はそのようなサービスはありませんので、自分で初期設定を行わなければいけません。

え、最初の設定は自分でするの?

でも安心してください。

シムカードが届いてから、ネットに繋がるようにするまで3分で終わります!

→難しい設定をするということはなく、初心者でもすぐにできる設定です!

設定方法は↓下記の記事で詳しく説明しています!

simカードが届いたらすること!3分で終わります!

デメリット7.クレジットカード決済が多い

格安シムのでも、口座振替で契約できるものもありますが、クレジットカードしか使えないものもあります。

ですのでクレカを持っていない方は、以下の2つの方法で格安シムに乗り換えることできます!

クレカをまだ持ってない方は!
  • 口座振替に対応している格安シムを選ぶ!
    対応している格安シム業者はないことはないが限られる
  • クレカを新しくつくる
    今後のためにも今の機会に作っておくのがおすすめ!!

実際、自分の使っているクレジットカード2つを紹介します!

イオンカード【学生、ニートも】

  • 発行手数料無料
  • 年会費無料
  • Suica(スイカ)も一体化に!
  • ETC 発行手数料:年会費無料
  • 学生(未成年)や専業主婦お申し込み可
    (未成年は親への電話あり)
  • JCBのみ

自分も初めて18歳の時に初めて作成したカードです!

作っておいて損はないというより、作っておかなければ逆に損するくらいの優秀なカードです!

楽天カード【作るだけで5000円分!】

  • 発行手数料無料
  • 年会費無料
  • 他の楽天のサービスも使ってポイント倍増!
  • Edyと楽天ペイでキャッシュレス
  • 学生(未成年)や専業主婦お申し込み可
    (未成年は親の承諾書が必要)
  • VISA,JCB,Mastercard 対応

1年無料の楽天モバイルを契約する予定があり、クレジットカードを持っていないのであれば、

楽天カードがおすすめですので、ぜひこの機会に作成してみてください

迷ったらどっちがおすすめ!?

迷ったらイオンでよく買い物する方はイオンカード、そうでなければ、楽天カードがオススメです!

楽天モバイルを検討している人なら楽天カード一択です!

近くにイオンモールがあり、よく買い物をするなら、ポイントがたまりますのでイオンカード!

特にイオンで買い物しないよ!という方は楽天カードのVISAカードガオススメです!

対処方法=口座振替もできるが少ない!今後のためにクレカは作っておいた方が○!

まとめ

いかがだったでしょうか?

格安シムのデメリットとその対処方法をご紹介しました。

ほとんどの人にとっては、デメリットとは感じないものだったと思います。

そうです!格安シムに乗り換えても、大手キャリアよりも満足度は下がらず、今まで毎月1万円と支払ってきた自分を後悔してしまうくらいです!

▼次にオススメの記事

脱大手キャリア!格安シムに乗り換える時、【電話番号】【スマホ端末】どうするべき?

コメント